スポーツ・上肢クリニック

肩関節およびその周辺のトラブル


腱板断裂 (けんばんだんれつ)

  • 構造
    腱板とは肩の4つのインナーマッスル(関節の近くで働く筋肉)が上腕骨(腕の骨)に付着する部分のことで、4つの筋肉の腱が合流してまさしく板のようになっています。上腕骨を前方、上方、後方から包み込むように覆っており、腕を動かす時に上腕骨を安定させる働きがあります。

  • 受傷機転
    • 腱板は年齢とともに徐々に張りを失い傷がつきやすくなります(変性)。変性した腱板に、急に腕を動かしたり重い物を持ったりという比較的小さな力が繰り返しかかることで腱板断裂は起こります。特に上腕骨を上方から包む棘上筋や棘下筋といった筋肉は、上腕骨と肩峰(肩を上から覆う骨)の間を動きますが、この間のスペースが非常に狭いために擦れたり、挟まったり(インピンジ)することでより傷がつきやすくなります。また日常生活では腕を上に挙げる動作(挙上:吊革を持つ、洗濯物を干すなど)が多いので、腱板断裂の中では棘上筋や棘下筋の断裂が多くなります。もちろん転倒や脱臼などの大きな外力で断裂する場合もありますが、頻度としては稀です。またスポーツ選手における腱板断裂も報告されており、通常の腱板断裂とは異なります。

    • 症状
    • 典型的な症状は自分で腕を上げようとしても痛くて、あるいは力が入らなくて腕が上がらない(偽性麻痺:あたかも麻痺したように見える状態)、不意な動作で肩に痛みが出るというものです。反対の手でサポートすると腕は上がることが多く、反対の手でサポートしても腕が上がらない場合には拘縮という別の状態を考えます。ヒトは肩を動かす時に腱板(インナーマッスル)で関節を安定させ、その外側にある大きな筋肉(三角筋や大胸筋など)で腕を動かすので、腱板が断裂していても腕を動かすことができる場合もあります。

    • 治療

    • ・保存治療 
      断裂の大きさが小さい場合や、残った腱板がしっかり働く場合には肩の炎症が沈静化し問題なく日常生活が送れるようになります。リハビリ(筋力強化・姿勢の改善)、飲み薬や注射などでこの状態を目指します。 

      ・手術治療  
      断裂した腱板は自然に修復することはなく、経過とともに断裂が大きくなる場合があります。痛みや筋力低下が持続して日常生活やスポーツ活動に支障をきたす場合に手術を考えます。  手術は基本的に関節鏡を用いて行います。肩に数カ所小さな傷を作り、カメラを挿入します。4K画面で肩の中の状態を詳細に観察し、断裂した腱板を縫っていきます。縫い方には色々ありますが、いずれもアンカーという糸のついた杭を上腕骨に打ち込み、そこに腱板を縫い付けます。また断裂が非常に大きい場合にはDebeyre-Patte変法、棘下筋回転移行術、自家大腿筋膜(パッチ)移植術、上方関節包再建術といった手術、骨の変形が進んだ場合にはリバース型肩人工関節置換術も考慮します。




    肩関節脱臼

    • 肩関節脱臼とは
       腱板とは肩の4つのインナーマッスル(関節の近くで働く筋肉)が上腕骨(腕の骨)に付着する部分のことで、4つの筋肉の腱が合流してまさしく板のようになっています。上腕骨を前方、上方、後方から包み込むように覆っており、腕を動かす時に上腕骨を安定させる働きがあります。

  • 受傷機転
    •  上腕骨(腕の骨)が関節窩(肩甲骨の受け皿)から外れた状態を指し、肩が外れたと表現されます。肩関節は上腕骨に対して関節窩が相対的に小さいため、大きく動かせる反面、脱臼しやすい関節です。正常では関節唇や関節包という組織が肩を安定させていますが、ラグビーや柔道などのコンタクトスポーツ、転倒などでの大きい外力で肩が脱臼すると、それらの組織が壊れ、また骨が部分的に崩れたりくぼんだり(骨欠損)することで脱臼を繰り返しやすくなります(反復性肩関節脱臼)。一度脱臼した肩関節が自然に元に戻った場合を亜脱臼といい、同様の損傷が起こっていることがあります。


    • 症状
    •  反復性肩関節脱臼の症状は運動中や日常生活で肩が外れる、亜脱臼を繰り返す、特定の姿勢で外れそうな怖さがある・痛みが出るなどです。脱臼を繰り返すたびにより些細なことで外れるようになります。

    • 治療
    •  肩関節脱臼では古代エジプトやヒポクラテスの時代から様々な治療がされてきました。脱臼は整復されればとりあえず日常生活は可能となりますが、その後も脱臼を繰り返したり、脱臼不安感が続く場合は手術が必要となります。手術は主に関節鏡で壊れた関節唇-関節包を修復する方法(鏡視下バンカート修復術)と、メスで切開し骨欠損部に骨を移植する方法(ブリストー変法)があります。X線・CT検査、MRI検査を行い、壊れた組織を詳細に評価することで治療方針を決定していきます。









    凍結肩に対するサイレントマニピュレーション

    • 凍結肩とは
       凍結肩(肩関節拘縮)は関節包が肥厚・短縮することで,高度な可動域制限と疼痛をきたす疾患です。これまで五十肩として治療されてきましたが、保存療法では完全な可動域の回復は39%にしかみられず,発症後7年経過しても50%の人には痛みや可動域制限が残ると言われています。

    • サイレントマニピュレーションとは
       サイレントマニピュレーションとは超音波装置で確認しながら、首から肩・腕に向かう神経を局所麻酔薬でブロックし肩に麻酔をかけ、固くなった関節包をなるべく小さな音で破断する手技です。リハビリや注射などの保存療法を3ヶ月以上行っても症状が改善しない場合に、当院では多くの症例に対して外来で施行できるサイレントマニピュレーションを行っております。手順としては神経ブロック後15~30 分程度待機し,サイレントマニピュレーションを行います。術後は関節内にステロイドを注射し,三角巾をつけて帰宅となります。次の日から積極的に可動域訓練を行うことが可能です。3か月の時点で可動域は鏡視下手術と同程度の改善がみられます。