脊椎クリニック


当クリニックでおこなう代表的な手術療法


    頚椎手術

    頚椎前方除圧固定術

    頚椎選択的椎弓切除術(椎弓形成術)

    頚椎後方固定術頚椎人工椎間板置換術



 頚椎疾患は多様であり、症状も様々です。保存治療抵抗性の脊髄症(四肢のしびれ、細かい動作ができない、歩行のふらつき、排尿・排便障害など)、神経根症(上肢の痛みしびれ)、筋萎縮症(主に片側上肢の筋力低下;肩があがらない、指が伸びない)などは、手術治療の適応となります。前方または後方どちらからの圧迫が主か、頚椎アライメント(頚椎の並び方)が前弯か後弯か、など病態に応じたよりよい改善を目指して、前方手術も積極的におこなっています。





図1: 左から、前方除圧固定術、後方除圧固定術、関節リウマチに対する環軸椎の後方固定術






また、海外では既に実績のある頚椎人工椎間板手術が、本邦でも使用開始されました。当院でも認可を得て施行可能となっており、適応ある患者様に安全に施行しています。
前方から神経除圧後、可動性のあるインプラントで再建するため頚椎の可動性が温存されます。



図2:頚椎人工椎間板置換術




胸腰椎手術
    腰椎後方手術(椎弓形成術、椎体間固定術:PLIF、TLIF)
    低侵襲脊椎手術(MIS-TLIF、PPS:経皮的椎弓根スクリュー、BKP、LLIF:XLIF、OLIFなど)
    脊柱変形の矯正固定術
    顕微鏡下ヘルニア摘出術
    脊髄、脊椎腫瘍切除術
    腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニコア(コンドリアーゼ注射)


  • 腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎後方手術

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の脊柱管(下肢を支配する馬尾神経の通り道)が狭くなることで、腰痛や下肢神経症状が発生する疾患です。加齢性の変化による脊柱管内の骨棘形成や黄色靱帯の肥厚化、すべり症などが原因です。典型的な症状は、間欠跛行といって、立位歩行時の下肢痛しびれです。安静時や座位時はあまり症状がないことが特徴です。治療法としては、内服薬、ブロック、手術などがあります。

薬やリハビリテーションなどの保存的治療を行ってもなお、痛みやしびれのために、生活に支障をきたしている場合は手術が必要になります。


腰椎間の不安定性のない狭窄症に対しては、除圧術が適応となり、筋肉に付着部を温存した棘突起を縦割する腰椎椎弓形成術が良い適応です。除圧は、大事な関節(椎間関節)を温存しながら、骨を削って肥厚した黄色靱帯を切除することで、神経の通り道を拡大させます。




図3:棘突起縦割式腰椎椎弓形成術


腰椎間の不安定性を認める場合、除圧をおこなうだけでは不安定性の悪化が懸念されるため、チタン製のスクリュー(椎弓根スクリュー)を後方から挿入することによって固定します。術後のスクリューの緩みや矯正喪失を防ぐために、当該椎体間に除圧で得た骨組織を移植して腰椎椎体間が骨癒合できる環境をつくります。骨癒合するまでの初期の安定性のためにケージも挿入します。

こうして神経の通り道を確保し、歩行能力が改善しても、しびれの症状が残存する場合もありますが、投薬やリハビリテーション等を行って対応します。



図4:腰椎後方椎体間固定術




  • 胸腰椎疾患に対する低侵襲脊椎手術

脊椎外科の分野も日進月歩であり、より患者さんの体への負担が少ない低侵襲手術を行うことができるようになってきています。

当院でも、PPS(経皮的椎弓根スクリュー)やLLIF(腰椎側方進入椎体間固定術:XLIF、OLIF)などを使用した低侵襲脊椎手術に力を入れております。

腰部脊柱管狭窄症に対しての低侵襲な手術として、片側進入両側除圧による椎弓形成術や、不安定性がある場合は片側進入両側除圧にPPS(経皮的椎弓根スクリュー)を組み合わせたMIS-TLIFを行っています。また、多椎間の病変であれば、必要な部位に除圧操作を加えながらLLIF(腰椎側方進入椎体間固定術:XLIF、OLIF)とPPS(経皮的椎弓根スクリュー)を組み合わせた出血量の少ない手術をおこなっています。


      

図5: 左、LIF+PPS     右、片側進入両側除圧法



胸腰椎の脊椎骨折や、転移性脊椎腫瘍に対しては、PPS(経皮的椎弓根スクリュー)によって手術をおこなうことができます。PPS(経皮的椎弓根スクリュー)は、従来の椎弓根スクリューと異なり、挿入する部位だけに小さい切開をするのみで設置できます。創を大きく切開する必要がなく、背中の筋肉を傷めることも少ないのが特徴です。




図6:腰椎転移性腫瘍に対するPPSによる後方固定術


  • 成人脊柱変形に対する矯正固定術

成人脊柱変形(脊椎後弯、側弯)の原因は、加齢やパーキンソン病、胸腰椎の椎体骨折などです。見た目の変形よりも、腰痛によって立位を持続できない、長時間歩行できないことが、生活をするうえで重大な問題になります。

以前は、骨切りや多椎間の後方椎体間固定をともなう出血量の多い大手術でしたが、近年は多椎間のLLIF(腰椎側方進入椎体間固定術:XLIF、OLIF)を併用することで、良好な矯正を獲得しながら低侵襲化(出血の減少、手術時間の短縮)が可能となりました。

適応となる症状は、下肢神経症状を伴う成人脊柱変形や、腰痛性間欠跛行(変形による腰痛、立位維持できないなど)です。   



図7:成人脊椎変形に対する矯正固定術 (左 術前、 右 術後)



  • 腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニコア(コンドリアーゼ注射)

腰椎椎間板ヘルニアに対する、保存治療の手段の一つとして、ヘルニコア(コンドリアーゼ注射)の治療もおこなっております。ヘルニコアはコンドリアーゼが有効成分で、軟骨の構成成分を分解する働きがあります。

ヘルニアを生じる、椎体と椎体の間に存在する椎間板には軟骨の成分が含まれています。ヘルニアのある椎間板にヘルコニアを注射することで、椎間板がしぼみ、ヘルニアによって圧迫されている神経根が圧迫から解放されます。
ヘルニアのある患者さん全員に適応があるわけではありませんが、日帰りでレントゲン透視下に行うことができます。



図8 左、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫  中、レントゲン透視下に行う椎間板への注射 右、投与3ヵ月後



安全な脊椎手術のために


  • 誘発電位による手術中脊髄モニタリング

脊椎の手術は、神経の近くに対しておこなうため、神経を傷めてしまう危険性がゼロにはなりません。手術中の患者様は麻酔がかかっておりますので、術中体位や手術操作が神経に悪い影響を与えているかどうかを確認することはできません。そこで、脊髄モニタリング装置というものを使用して、頭や脊髄に電気刺激をして手足に電気が正常に届くかを確認しています。これによって、安全な脊椎手術をおこなっております。


  • ナビゲーションシステム

手術前に撮影したCTやレントゲンの画像をコンピューターに取り込んで、手術中にその画像と手元の器具を同一画面にリアルタイムで表示し、正確に手術操作をするための機械です。スクリューを脊椎に挿入する手術の際用い、より正確な手術を行っています。

<< 最初   < 前 1  2