教授挨拶

           

横浜市立大学 整形外科                 

教授 稲葉 裕

卒業大学:自治医科大学 1989

専門:股関節、関節リウマチ、小児整形外科



整形外科の魅力

整形外科は、骨、関節、靭帯、末梢神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷を治療する分野であり、ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)を改善させることが大きな目標となっております。現在、整形外科は、外傷、関節外科、脊椎外科、手の外科、足の外科、小児整形外科、スポーツ整形外科、骨軟部腫瘍外科に加えて、関節リウマチ、骨粗鬆症、ロコモティブシンドロームなどの多くの分野に細分化され、それぞれの分野で急速に発展しております。例えば、私の担当分野の一つである股関節領域では、私が整形外科を始めた30年前は人工股関節全置換術の入院期間が約3か月間であったのに比べて、現在では12週間程度となっております。また、関節リウマチや骨粗鬆症領域では、生物学的製剤や多くの薬剤が開発されて、20年前では考えられないような治療が出来るようになっております。このように短期間で急速な発展を遂げている診療科は少なく、また高齢者人口の増加により運動器疾患や骨粗鬆症の患者さんは増加し続けており、整形外科のニーズはさらに高まっております。

 

横浜市立大学整形外科について

横浜市立大学整形外科学教室は1949年に開講し、約70年の歴史があります。現在、約210名の教室員が関連協力病院で勤務し、多くの大規模総合病院に加えて、こども医療センターやがんセンターなどの特殊機能病院もあるため、魅力的な専門研修プログラムを有するのが特徴です。また、約500名の会員が所属する同門会とも仲が良いのも当教室の魅力の一つであり、教室員、同門が一丸となって教室の発展に努力しております。当教室には他大学出身者が多いのも特徴で、多くの分野で活躍しております。若手、中堅医師の育成に力を入れており、高度な医療技術の獲得とともに豊かな人間性を形成することを目指しております。

 

 

略歴

1989年 自治医科大学卒業

1989年 神奈川県立厚木病院(現・厚木市立病院)研修医

1991年 神奈川県立厚木病院(現・厚木市立病院)整形外科

1992年 神奈川県立煤ケ谷診療所

1994年 神奈川県立こども医療センター整形外科

1996年 神奈川県立厚木病院整形外科(現・厚木市立病院) 医長

1998年 神奈川県立こども医療センター整形外科 医長

2000年 横浜市立大学整形外科

2001年 横浜市立大学整形外科 助手

2003年 International fellow, Anderson Orthopaedic Research Institute (USA)

2004年 Clinical research fellow, Dorr Institute for Arthritis Research (USA)

2005年 横浜市立大学整形外科 助教

2008年 横浜市立大学整形外科 准教授

2018年 横浜市立大学整形外科 教授

 

医学博士

2002年 横浜市立大学

 

専門医

日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会リウマチ専門医、日本リウマチ学会専門医、日本リウマチ学会指導医、日本リウマチ財団登録医、日本体育協会公認スポーツ医、日本骨粗鬆学会認定医