横浜市立市民病院

【病院の特色】

市民病院は、昭和35年に内科、小児科、外科、産婦人科の4科42床で開院しました。その後、増科、増床を重ね、現在では33科、650床、3病棟からなる横浜市の基幹病院として、高度医療・急性期医療の提供、地域に必要な医療の提供により、公立病院として市民・患者さんの安全・安心を守るべく日々努力しております。 当院の診療の特色としては、

  • がん診療の拠点
  • 24時間365日の救急の拠点
  • 感染症医療の拠点
  • 小児・母子医療の拠点
  • 地域医療支援の拠点

の5つが挙げられます。


【診療科概要】

骨折,スポーツ外傷を中心とした,救急医療を中心に診療しています。全ての整形外科的疾患を対象としていますが、主に入院、手術が必要な疾患を中心に治療を行っています。特に重症救急外傷に力を入れております。脊椎領域では変性疾患をはじめ,外傷・感染性疾患に対しても積極的な治療を行っています。急性期医療を担う地域の中核病院として,一層努力する所存です。また、横浜国立大学アメリカンフットボール部のチームドクターとして試合に帯同し、外傷の治療にあたっています。


【主な手術内容及び件数】

平成29年度は手術件数が約800件,人工関節120,脊椎手術110,関節鏡手術120,骨折手術400でした。肩専門医が2名いるため,Reverse Shoulder Arthroplastyも施行しています。人工股関節手術にはナビゲーションシステムを使用しています。膝関節では人工膝関節手術のみならず高位脛骨骨切り術も積極的に行っています。


【診療体制】

9名体制で診療を行っています。

整形外科の常勤医師が365日24時間、救急車に対応しています。一般外来の受診には紹介状が必要です。

(1)一般外来

 毎日午前9時~12時です。 

(2)専門外来 

・リウマチ・骨粗鬆症外来:毎週月曜日 午後1時30分~

・脊椎外来:毎週火曜日 午後1時30分~

・装具外来:毎週水曜日 午前11時~

・スポーツ外来:毎週金曜日 午後1時30分~

・筋電図外来:毎週金曜日 午後2時~