神奈川リハビリテーション病院

1.【病院の特色】

神奈川県のほぼ中央に位置する厚木市の郊外にあり、温泉など自然に恵まれた環境にあります。そのぶん病院周辺の人口は少ないですが、当院はリハビリテーション専門病院という性格上、地域というより神奈川県全体(一部県外からも)の患者さんを対象としています。病院と福祉施設などの複合組織であり、病院のベッド数は324床です。

脊髄損傷、高次脳機能障害、骨関節疾患の治療とリハビリテーションを三つの大きな柱としており、他に小児神経や脳血管障害の回復期リハビリも行っています。



2.【診療科概要】

当科では脊髄損傷のリハビリテーションと合併症の治療,障害者の整形外科的治療,多発外傷後のリハビリなど一般病院では対応が困難な,長期間を要する入院リハビリを始めとした治療を行っています。

脊髄損傷は、主に亜急性期のリハビリと合併症の治療を行います。合併症の治療は褥瘡が圧倒的に多くなっています。脊髄損傷者の褥瘡は手術を必要とすることが多いですが、積極的に手術を行っている病院はほとんどないといっても過言ではありません。そのために県外から来院する患者さんもいて手術件数が多くなっています。



3.【主な手術内容及び件数】

令和元年度の手術件数は総数101件でした(前年度より3件増加)。内訳は褥瘡74件、骨折の骨接合術8件(大腿骨6件、下腿骨2件)、人工関節2件、股関節異所性骨化の骨化切除術1件などでした。最多を占める褥瘡は前年度より8件増加し、ほぼ例年通りの件数でした。手術総数に占める褥瘡手術の割合は74%で、前年度より7ポイント増加しました。この割合は、若干の変動はあるものの経年的に増加傾向にあります。骨折はほぼ脊損症例です。



4.【診療体制】

現在のスタッフ:

<常勤> 渡辺 偉二(わたなべ たけじ)S60年卒

     長尾 明紘  H 年卒

<非常勤>吉野 正昭  S56年卒

 

専門的な手術は前述のとおりです。

外来は予約が原則なので,予約電話046-249-2489で予約するか,代表046-249-2220に電話して整形外科のスタッフに相談して下さい。

入院治療は,地域連携室046-249-2470に連絡していただくか、または当院のホームページから入院申込書を入手してファックスしてください。