藤沢市民病院

【病院の特色】

藤沢市民病院は人口43万人の藤沢市にあり、地域医療支援病院・地域がん診療拠点病院に指定されています。また、救命救急センターは湘南東部地域の三次救急を担っており小児救急医療拠点病院として小児救急にも対応しています


【診療科概要】

整形外科では、地域の病院・診療所や救命救急センターなどと密な連携をとっているため、対応する疾患も多種多様となっています。整形外科全般を扱いますが、その中でも脊椎変性疾患、頸椎・頸髄損傷、開放骨折などの重症外傷の件数が増加しています。手術件数の増加に伴った業務の増大を抑えるため、クリニカルパスの使用率を60%まで増やし、地域連携パスなどを運用し平均在院日数を抑えていく工夫も行っています。


【主な手術内容及び件数】

平成29年度の手術件数1,100件でした。そのなかでも外傷は700件におよび、四肢の骨折・脱臼が多いですが、手の外傷42件、脊椎外傷20件、骨盤・寛骨臼骨折7件(一時的創外固定をのぞく)、小児骨折73件などの手術も含まれます。高エネルギー外傷が多く、救急科との連携が必要な症例が多いことも特徴です。また、人工関節手術(TKA, THA, TSA, TEA)71件、脊椎手術85件、関節リウマチ手術24件、骨軟部腫瘍・転移性骨腫瘍手術44件、関節鏡手術11件など、外傷以外の手術も多く行っています。


【診療体制】

当院救急センターの受け入れは24時間365日オンコール体制をとっており、重症骨盤骨折、頸椎・頸髄損傷、多発外傷、開放骨折など迅速に対処し、緊急の血管塞栓術、造影検査も対応しております。