県立足柄上病院

1.【病院の特色】

立地は東名高速道路の大井松田インターチェンジからわずか5分であり、また小田急線新松田駅(小田原から急行で一駅<約9分>)からも徒歩5分とアクセス良好です。病床数は296床で第二次救急指定病院、災害拠点病院、臨床研修病院等の指定を受けており、また県西部という高齢者の多い地域として地域特性に対応した医療を提供しております。



2.【診療科概要】

救急を受け入れているため骨折を中心とした外傷が多いです。また日本手外科学会の基幹認定施設に認定されているため手外科症例が多くあり、今年度から人工関節センターも開設され人工膝関節置換術、人工股関節置換術の症例も多くあり, 人工膝関節置換術に関してはナビゲーションシステムを用いた正確な手術が行われております。



3.【主な手術内容及び件数】

2019年度の手術件数 621件

(脊椎32、上肢・手 110件、下肢123件[うちTHA29件、TKA52件]、外傷320件,リウマチ2件、小児24件、腫瘍 10件)



4.【診療体制】

院長とスタッフ6名で外傷を中心に手外科やTKA/THAを専門的に行っております。

緊急手術は麻酔科医師との調整で受け入れが決まるので当番医師にご連絡ください。

当院整形外来へは紹介状を持参の上受診して頂ければと思います(10時30分まで)。